クレジットカードのスキミングに合わないためにも

クレジットカードのスキミング犯罪はあとを絶ちません。海外旅行に行ったときに知らないうちに自分のクレジットカードの番号を読み取られていて、後日大金をキャッシングされているというのがスキミング犯罪では多いと考えている方は、要注意です。現在はそれほど単純ではないのです。

日本国内のCATを設置している店舗で、スキマーを勝手に取り付けられている、さらにそのスキマーは無線で遠隔操作もでき、なかなか発見することができないといった犯罪が何件も見つかっています。いたちごっこのようになっているところもあり、確実に信用できる店だから100%大丈夫と言い切れなくなってしまっているのです。

では、対策がないのならクレジットカードをもう使わないでおこう、と考えてしまうかもしれませんが、とにかく請求書、明細書をこまめに確認することが必要になります。クレジットカードを万が一不正使用されてしまった場合の、クレジット会社の規定を確認しておくと同時に、何日以内に申請すればその不正に使われた分は支払わなくてよいかといった条項をきちんと把握しておく必要があります。

キャッシングでは暗証番号が必要になりますから、簡単に推測されない暗証番号を設定して忘れないということも大切です。以前のように大きな金額をドンとキャッシングしてしまうのではなく、ごく少額、使った本人も忘れてしまう程度の金額をショッピングでずっと使い続けられているということも起こっています。とにかく、明細、請求をしっかりチェックすることを心がけましょう。 

Goldman